ダントン

今季も定番のウールモッサジャケット、インナーダウン、タッサー素材を使ったダウンジャケット・ダウンコートを展開しています。
ここ数年人気が高まっているインナーダウンには、スタイリングの主役にぴったりなオレンジ(パーシモン)が新色として登場しており、今年も要注目の一枚です。

1935年にガブリエル・ダントン氏が、フランス・ロワレ シェール県シャートルに“MANUFACTURE TEXTILE DU CENTRE”という名の工場を設立。
同年にワークウェアブランド「DANTON」をスタート。主にカバーオールやブルゾン、パンツ等のワークウェアや、ガーデニング用のエプロン、料理人やレストランスタッフ専用のユニフォームなどを製造していました。
1960年代にはパリやノルマンディーを中心に販路を拡大し、70年代半ばから90年代まで、パリ市内を含む多くの行政やパリ地下鉄を司るP.A.T.P社、フランス国鉄S.N.C.F社などへ制服や作業服を納めていた由緒あるブランドです。
現在ではジャケット、コート、パンツ、シャツ、バッグまで幅広く展開。ワークウェアだけに留まらず、ユニセックスで楽しめるカジュアルウェアを提供しています。

今季も定番のウールモッサジャケット、インナーダウン、タッサー素材を使ったダウンジャケット・ダウンコートを展開しています。
ここ数年人気が高まっているインナーダウンには、スタイリングの主役にぴったりなオレンジ(パーシモン)が新色として登場しており、今年も要注目の一枚です。

1935年にガブリエル・ダントン氏が、フランス・ロワレ シェール県シャートルに“MANUFACTURE TEXTILE DU CENTRE”という名の工場を設立。
同年にワークウェアブランド「DANTON」をスタート。主にカバーオールやブルゾン、パンツ等のワークウェアや、ガーデニング用のエプロン、料理人やレストランスタッフ専用のユニフォームなどを製造していました。
1960年代にはパリやノルマンディーを中心に販路を拡大し、70年代半ばから90年代まで、パリ市内を含む多くの行政やパリ地下鉄を司るP.A.T.P社、フランス国鉄S.N.C.F社などへ制服や作業服を納めていた由緒あるブランドです。
現在ではジャケット、コート、パンツ、シャツ、バッグまで幅広く展開。ワークウェアだけに留まらず、ユニセックスで楽しめるカジュアルウェアを提供しています。

PRODUCTS

ジムフレックス

今季のGymphlexは、定番のボアベストはもちろんですが、あえて「定番」という言葉に甘えない、新しいスタイルのボアアウターも登場しました。
ビッグシルエットのボアジャケットは、トレンド感が出ながらもGymphlexらしい、どこか上品な印象に仕上がっています。
また、ベンチコートをタウンユースにできるようアレンジされたダウンアウターも、今までのGymphlexとは違ったスタイルのアウターに仕上がっていますが、ブランドの持つカラーがうまく出ている新鮮なアイテムになっており、今季のGymphlexは一味違います。

1906年James Gardner Graham氏がスポーツウエア・メーカーGraham School wear社を設立。
1936年イギリスの中部に位置するレスター市で国軍に体育用のショーツを提供したことからGymphlexブランドが始まります。
国民兵役が義務であり、政府が運動を積極的に推奨していた1900年代半ば、学校では体育が最重要科目でした。その当時から学校への体育着を販売し始め、体育の場には欠かせないブランドになりました。
1960年代にはスポーツショップや百貨店にまで販路を広げ、スポーツウエアブランドとして確固たる地位を築きました。
「体育」を表す”GYMNASTIC”と「体をほぐす」等の意味を持つ”FLEX”がブランド名の由来です。

今季のGymphlexは、定番のボアベストはもちろんですが、あえて「定番」という言葉に甘えない、新しいスタイルのボアアウターも登場しました。
ビッグシルエットのボアジャケットは、トレンド感が出ながらもGymphlexらしい、どこか上品な印象に仕上がっています。
また、ベンチコートをタウンユースにできるようアレンジされたダウンアウターも、今までのGymphlexとは違ったスタイルのアウターに仕上がっていますが、ブランドの持つカラーがうまく出ている新鮮なアイテムになっており、今季のGymphlexは一味違います。

1906年James Gardner Graham氏がスポーツウエア・メーカーGraham School wear社を設立。
1936年イギリスの中部に位置するレスター市で国軍に体育用のショーツを提供したことからGymphlexブランドが始まります。
国民兵役が義務であり、政府が運動を積極的に推奨していた1900年代半ば、学校では体育が最重要科目でした。その当時から学校への体育着を販売し始め、体育の場には欠かせないブランドになりました。
1960年代にはスポーツショップや百貨店にまで販路を広げ、スポーツウエアブランドとして確固たる地位を築きました。
「体育」を表す”GYMNASTIC”と「体をほぐす」等の意味を持つ”FLEX”がブランド名の由来です。

PRODUCTS

オーシバル

昨年新作として登場し、好評だったフリースライニングのバスクシャツが今季も引き続き登場しました。
定番のアイテムが新しい目線でアップデートされた秀逸な一枚に仕上がっており、今季オススメの一枚です。

1939年フランス・パリで、チャールズ・バルト氏がフランス中部にある小さな村の名前を使ってORCIVALブランドをスタート。
1950~60年代、フランス海軍に制服としてマリンTシャツを提供していた由緒あるブランドです。

昨年新作として登場し、好評だったフリースライニングのバスクシャツが今季も引き続き登場しました。
定番のアイテムが新しい目線でアップデートされた秀逸な一枚に仕上がっており、今季オススメの一枚です。

1939年フランス・パリで、チャールズ・バルト氏がフランス中部にある小さな村の名前を使ってORCIVALブランドをスタート。
1950~60年代、フランス海軍に制服としてマリンTシャツを提供していた由緒あるブランドです。

PRODUCTS